歯磨きでは予防しきれない歯周病|症状がないままに病状が進行

白い歯

患者さんに合わせて多様化

模型

健康な歯を保つ保つためには毎日歯を磨くことが重要です。そして、歯磨きだけでなく行きつけの歯科医院を無つけることも大切です。何処に行ってよいか迷う人はインターネット検索を利用してください。横浜の評判の歯科が見つかります。

読んでみよう

健康な歯で長生き

看護師

食事をする際に歯はとても重要です。健康な歯がないとちゃんと食事をすることもできません。歯に異常を感じる場合は早めに歯科医院にいきましょう。藤沢に患者さんのニーズに応えて様々なサービスを行っているい会員もあります。

読んでみよう

気軽に足が運べる

女性

鶴見区には歯科がたくさんあるので、虫歯などにかかってしまった際にはすぐに足を運ぶことが出来ます。しかし、治療は一回では終わるわけではなく、費用もかかってしまうので予防を行なう必要があるでしょう。

読んでみよう

健康な歯を保つために

歯

人は健康に生活するためには歯は欠かすことができません。歯失う原因は多々ありますが、主な原因は虫歯と歯周病です。虫歯は食事の後に毎日歯を磨くことで予防することが可能です。しかし、歯周病は違います。毎日歯磨きをしていても発症するケースがあります。
歯周病はとても怖い病気です。悪化すると歯の周りの骨が溶けて、歯が抜け落ちてしまう病気です。サイレント・ディジーズとも呼ばれていて、症状がないままに病状が進行する病気です。歯周病が原因と思われる症状をいくつか紹介します。

まずは歯茎が赤く腫れ上がっていたら歯周病の疑いがあります。正常の人の歯茎はピンク色をしていますが、歯周病が原因で細菌が歯茎の中に入り込んでしまうと赤く晴れ上がります。また、歯磨きをした後に歯ブラシに血がついていた場合も注意が必要です。力任せに歯磨きをしたら、どんな人でも歯茎が傷ついて血が出ることがあります。しかし、力をそんなに入れていないのに歯ブラシに血が付いている場合は歯周病の可能性があります。部分的に歯周病菌が歯茎の中に入り込んで、歯茎が腫れ上がっている証拠です。腫れた歯茎を歯ブラシで刺激することで出血したと考えられます。出血が何日も続くときは歯茎の中の骨が溶けている可能性もあります。だからといって歯磨きをしないと歯周病の症状はドンドン進行していきます。このような症状がある場合は、すぐに歯科医院へ行きましょう。

歯周病の原因は歯の歯石やストレス、喫煙が主な原因です。予防するためには生活習慣を見直すことが肝心です。そして食事のときはよく噛んで食べることです。また、ストレスのない生活も歯周病予防には効果的です。

Copyright© 2015 歯磨きでは予防しきれない歯周病|症状がないままに病状が進行All Rights Reserved.